バナー

目的に合ったSIMカード選び

スマートフォンやタブレットにはSIMカードと呼ばれる極小のチップが挿入されています。

これは携帯ショップなどで端末を購入時、一緒に入手することがほとんどです。

端末にSIMカードを挿入すると電話番号を識別できるようになり、インターネット回線を利用できるようになります。通常は端末購入時に入手したSIMカードを使えば良いのですが、他の会社が提供しているサービスや回線に乗り換えたい時は新規契約することで新しいカードを入手できます。
新規契約には事務手数料として3000円ほど自己負担することになります。

また、今まで使っていたカードは解約しないと料金が発生し続けるので注意しましょう。

SIMカードは提供している会社によって料金や使える回線などが異なります。



料金を抑えたければ格安タイプ、快適にインターネットを利用したいなら高速回線タイプ、電話を利用するなら通話対応タイプなど、目的に合わせて選ぶことができます。



一般的な携帯キャリアはネットから通話まで様々なサービスに対応しています。MVNO各社は格安タイプや高速回線タイプなどのネット回線メインのサービスを提供しています。

最近良く聞く格安タイプは月間の通信量に制限があり、制限未満なら標準的な回線速度でインターネットが利用できます。



ただし、決められた通信量を超過すると回線速度は制限され、動画の視聴や重いサイトを閲覧するのが難しくなります。

料金は毎月3GBのプランで1500円くらいになります。