現在のFXは非常に便利になっており、インターネットを通じていつでも取引に参加できるようになりました。

しかしそうした便利な環境だからこそ注意をしなくてはならないことも多く、特に注意したいのが「しばらく状況が見られなくなるなら一旦手仕舞いをするべきだ」という点です。

ではどうして注意が必要なのかと言うと、これは簡単で離れている間に思いもよらない動きをしたら困るからです。
FXのチャートは自分がいなくとも常に動いている、極めて流動的な存在です。


そうした流動的な存在を使って投資をする以上、常に想定とは逆の動きをした場合を考えておく必要はあります。


この逆の動きをし始めた状態を自分が確認できていないとなると損失が膨らみ、取り返しのつかない状況になることもあり得るでしょう。



そうしたことを避けるには、状況を確認できなくなるようであれば一旦全ポジションを閉じる手仕舞いを行った方が良いのです。



よく「利益が出ているのだからまだ大丈夫じゃないか」と感じる人もいるのですが、先にも述べた通りFXは想定外の動きをすることがあり得ます。

現段階で利益が出ていても席を離れた瞬間に反転する可能性がある以上、利益が出ているからといって放置して良い理由にはなりません。



もちろん損をしても良いというのならば好きにして良いのですが、基本的に得をしたくとも損をしたい人はいないでしょうから、インカムゲインを得るなど確固たる目標がある場合を除いて確認できなくなる時は手仕舞いをしておきましょう。