FXを始めるにはサービスを提供している業者に申し込んで口座を開設し、取引に使うお金を入金します。

業者には違いがあるためどこを利用するか選ぶ必要があります。


取引スタイルが定まっているのであればスプレッドやスワップで選べますが、FXを利用したことがなく、どのような取引をするか決まっていない場合はとりあえず人気のある業者を選び、取引に慣れてから適切な業者を追加で開設すると良いです。

申し込みでは各業者の入力フォームに従って必要事項の入力をすれば良いですが、審査があるため、落ちることもあります。クレジットカードやカードローンのようにお金を借りるものではないため、収入がなくてもある程度の資産があれば審査には通ります。

しかし、借金で投資用資金を用意すると審査には通りません。

また投資経験が重要となり、未経験の場合はマイナスになります。ただし、FXをこれから始める場合は未経験であることも多く、また、投資経験だけで審査しているわけではないため、未経験でも審査に通ることもあります。



なお、投資経験について証拠を提示する必要はないので、年齢に対してあまりに不自然な経験年数を申告しなければ、未経験でも経験ありと申告しても問題にはなりません。

基本的に自己申告となり、記入内容に問題がなければ本人に確認の電話が来ることはほとんどなく、勤務先への電話もありません。審査基準は各業者で異なっており、A社で落ちてもB社で通ることがあります。



もし落ちた場合は他の業者に申し込んで見ると良いです。