FXでは、多くの人がドル円取引からはじめるようです。

ドル円取引の場合、スプレッドが0.3銭となっていることが多く、最も手数料が安いというのが1つの理由です。

また、日本円以外の通貨の中で最も日本人になじみがあるのが、ドルという通貨だからという理由もあります。



実は、初心者がドル円という通貨ペアを選ぶのは、賢い選択肢であるといえます。

ドル円は変動がそれほど激しくなく、トレンドにのりやすいので、トレンドを読むことができれば安定して利益をあげやすいからです。


スプレッドはFX業者によって異なりますが、ドル円の次にスプレッドが安いのは、ユーロドルになります。

ユーロドルも、初心者におすすめの通貨ペアですが、ドル円に比べると変動が大きく、予想が難しいです。
変動が大きいということは、大きく稼げる可能性があるということですが、逆に大きく損失が出てしまう可能性もあります。



ユーロとドルは相反する性質をもっているので、おもしろいペアではありますが、ギャンブル好きの人向けです。

初心者は利益をあげることよりも経験を重視したほうがよいので、まずはドル円からはじめることがおすすめです。

ドル円やユーロドルの取引をするときは、スワップ金利については考慮する必要はほとんどありません。

しかし、トルコリラのようにスワップ金利が高い通貨を選ぶときには、FX業者選びでスワップ金利も比較しなければなりません。

スワップ金利は高ければよいというものではなく、「売り」取引をするときには逆にスワップ金利が低いところを選ぶべきであることにも注意が必要です。