FXは少ない資金で大きな利益の追求をすることができる外国為替をテーマとした取引として近年注目を集めています。


その一方で極めてハイリスクハイリターンな資産運用の方法としても知られており、危険な金融商品であると言うイメージを持っている人もいます。この背景には証拠金取引であると言う特徴が関係しています。



FXは証拠金と呼ばれる現金を口座に入金することにより、レバレッジと言う仕組みによりその証拠金の最大で25倍までの資金運用が可能になる仕組みを持っているのです。



そのためレバレッジを最大に利用すれば4万円あれば100万円分の運用ができるのです。


この仕組みを上手に活用して利益を追求するのがFXの醍醐味なのです。しかしながらレバレッジの影響を受けるのは利益だけではありません。損失についてもレバレッジが最大であれば25倍になりますので、大幅な相場の変動が発生した際にはあっという間に証拠金以上の損失を発生させてしまう可能性があります。



現在のFXには一定の証拠金の維持率を下回った場合には自動的にロスカットする仕組みも存在していますが、外国為替の世界では過去に極めて急激な相場の変動が何度も発生しています。

そのような変動に捕まった場合には一瞬で大幅な借金を背負うこともあるのです。
これがFXで大きな損失を背負ってしまう仕組みです。

このような仕組みで借金を背負う可能性があると言うことを理解しておくことが巨額損失を未然に防ぐための重要な情報となります。