バナー

格安SIMで使っているスマホが壊れて交換する場合

格安SIMを差し込んで利用しているスマートフォンが壊れてしまった場合、SIMはそのまま契約を継続して、スマートフォンだけ買い換えるという選択をする人が多いでしょう。

ただ、問題は手持ちのSIMの大きさと新しいスマートフォンに適合するSIMの大きさが合わない場合です。こういったケースではどのような対処を採ればいいのでしょうか。
まず、手持ちのSIMの大きさよりも新しいスマートフォンに適合するSIMの大きさが小さい場合ですが、格安SIMを提供している会社に連絡をして交換してもらうか、あるいはカッターなどで適合する大きさに切るという対処になります。
交換してもらう場合は2000円から3000円程度の手数料が必要です。



申し込んでから送られてくるまで多少時間はかかりますが、SIMの電話番号は変わりません。

カッターで切る方法は、手数料を払いたくない人向けですが、リスクがいろいろとあります。



まず、切断に失敗してチップを傷つけてしまった場合は使えなくなり、結局、手数料を支払って交換しなければなりませんし、格安SIMを解約したときに損害金を請求されるかもしれません。


手持ちのSIMの大きさが、新しいスマートフォンに適合するSIMの大きさよりも小さい場合は、対処はかなり簡単です。

というのは、nanoやmicroSIMを標準SIMにできるアダプター、あるいはnanoSIMをmicroSIMにできるアダプターが安く売られているからです。



SIMを切ったりすることなく、ただアダプターにはめるだけなので誰でもできます。