バナー

格安SIMとはどのようなものか

格安SIMとは大手通信事業者から回線を借り受けて行っている通信サービスのことであり、設備の投資や維持にかかる費用がなくなるので料金を安く抑えられます。ただし、特徴を把握していないとあまり安くならず、不便さも出てしまうので大手とどちらが良いか比較が必要です。



通話の品質に関しては格安SIMでも大手と変わることはありませんが、プランに違いがあります。

大手は一定時間無料や定額の通話プランになっているので料金が高いですが、格安SIMはかけた分だけ料金が発生するので頻繁に通話するとお得感がありません。



大手と同じようなプランも出てきていますが、料金は上がるので通話状況に合わせたものを選びましょう。

データ通信に関しては品質に違いが出ます。



これも回線は大手から借りていますが、利用できるデータ量に制限があるため利用者の多い時間帯になると混雑して通信速度が遅くなります。
空いているときは20Mbpsを超えていても、混雑時には1Mbpsを下回ることも珍しくないので、常に高速の通信を必要としている人には適していません。
決済方法が限られていることが多いので契約が難しくなる場合もあります。

多くの格安SIMはクレジットカードのみになっているため、何らかの事情でカードを作れない人は利用できません。

審査なしで作れるデビットカードはクレジットカードと同様に使えると言われていますが、実際には対応している格安SIMは一部だけなので選択肢が少ないです。