バナー

格安SIMを使うときに確認するポイント

格安SIMは便利ですが、内容を把握しておらずトラブルになるケースもあるので注意しましょう。

端末を選ぶ場合、SIMとセットになっているプランであれば問題なく使えますが、自分で端末を選ぶ場合は対応しない製品もあるため使えるか確認が必要です。

格安SIMで中古端末も利用できますが、販売店ではなくオークションで購入する場合には残債の状況によって使えなくなることがあります。



残債があると購入後に端末が使用不能になってしまい、一般的に販売店で購入したものであれば交換や返金などの対応がありますが、オークションでは出品者に悪意があれば対応されないため信用できる相手から購入しましょう。

大手から乗り換える場合、SIMロック解除により端末を継続して使う場合でも格安SIMではキャリアメールが使えなくなります。



同じ端末なら使えると思っているとメールの送受信ができなくなるため、事前にWEBメールのアカウントを取得して家族や友人等に連絡が必要です。
基本的に大手のような親切なサポートは受けられないので、どのような対応があるのか調べておきましょう。



例えば端末の修理をする際に代替機が用意されないことがあります。

また、大手ではメーカーと提携して端末を製造しているため、サービスだけでなく使い方に関しても把握していますが、格安SIMではメーカーとの提携がないので端末の使用方法までは熟知していないため、直接メーカーに問い合わせなければならないケースもあるので面倒です。