バナー

高速通信の容量がゼロの格安SIMの使い勝手

格安SIMの料金プランは月500円未満のもの、500円から600円程度のもの、1000円程度のものと段階的に分かれています。

このように料金プランがいくつもあるのは、高速回線の容量が違うためです。月500円未満のプランの場合、高速回線の容量がゼロか、もしくは500MB程度、月500円から600円のプランは1GB程度、月1000円のプランは3GB程度あるのが一般的です。できる限り料金が安価な格安SIMを使いたい人にとって魅力的なのは、高速通信の容量がなくても月500円未満で利用できるプランでしょう。



では、高速通信の容量がゼロのプランの使い勝手、そして使う場合の注意点としてはどのようなものが挙げられるでしょうか。

まず回線速度ですが、最大で200Kbpsから250Kbpsというのが普通です。



これはどれくらいの速度なのかというと、ネット上にある音楽ファイルはストリーミングで聴けるものの、動画ファイルを視聴するのは最低画質でもかなり厳しいといった感じになります。



200Kbpsから250Kbpsというのはあくまでも最大値であり、回線状況によっては100Kbpsに満たないこともあり得るので、そうなると音楽をストリーミングで聴くことも難しくなるでしょう。

そのため、もし高速通信の容量がゼロの格安SIMを使うのであれば、メール、SNS用と割り切った方がいいです。もちろん、ウェブサイト、ウェブサービスにもアクセスは可能ですが、画像をたくさん載せているサイトを広く場合はかなり時間がかかるかもしれません。