FXが普及するにつれてFXトレードを始めるためのハードルが低くなっており、いまやスマートフォンやパソコンがあれば誰もがトレードを始められるようになっています。

しかし、始めるためのハードルが低いことは稼ぐためのハードルが低いことにはなりません。



誰もが始められるようになっても、利益を出せるのは一握りのトレーダーだけなのです。

利益を出すために必要なことは多々ありますが、最初に意識することは少額から始めるということです。株価が上がれば多くのトレーダーが理系を出せる株式投資と異なり、FXはゼロサムゲームです。



誰かが損をしなければ他の人が利益を出すことは出来ない弱肉強食の世界なのです。



その世界で生きていくためには、運や勘に任せてトレードを行うのではなく自分なりの投資手法を身に付けなければならないのです。

そのためには、最初の投資資金を犠牲にしてでも実戦で経験を積みながら投資手法を構築していかなければなりません。


FX会社が提供するデモトレードを使えば投資の練習が出来ますが、それはあくまでツールの使い方やチャートの見方を勉強するためのものであり、実際に自分のお金を市場に載せなければ本物の経験は身に付きません。

しかし、このときに自分が投入できる資金の全てを投資してしまっては後が続かなくなってしまうため、少額で始めることが大切なのです。
FXは自分のお金を市場で運用することによって上達します。

最初は少額で行い、経験を積むごとに投資資金を増やしていくべきなのです。